アスミールは、お子さまの成長に役立つ成分が豊富に含まれた栄養補助食品です。そのため、子供の身長が中々伸びなくて気になっているという方にも、アスミールはおすすめです。なぜなら、アスミールに含まれている栄養成分は身長が伸びるのに効果があるからです。

身長を伸ばすと聞くと、カルシウムをしっかりと摂取しなければならないイメージがありますが、それだけではいけません。成長ホルモンの分泌が促せるように、多面的に栄養成分を摂取する必要があります。

アスミールには、カルシウムが豊富に含まれているのはもちろんのこと、亜鉛やアルギニン、プラセンタなどの原材料がしっかりと配合されています。これらが含まれていることで、お子さまのからだづくりのサポートができるようになっているのです。

アスミールの原材料には何が使われている?全成分を徹底検証!

医者とグラフ

アスミールがお子さまの成長に役立つことが分かっても、本当にからだに良いものが含まれているのか、気になるところです。良いものが豊富に含まれていても、「本当にこれって入っていて大丈夫なの?」というものが含まれていると心配になります。

さらに、アレルギー反応を起こしやすいものが含まれていたら、どんなに良い栄養成分が含まれていたとしても、できるだけ避けたいところです。そこで、どんな原材料が使われているのかを知ることは、非常に重要なことです。

アスミールに含まれている原材料は、全部で29種類あります。これだけでも、様々なものがたくさん含まれていることが分かります。全成分を徹底検証すれば、アスミールにどれほど栄養が含まれているのかがよく分かるでしょう。

グラニュー糖

アスミールに含まれている原材料の1つとして、グラニュー糖があります。グラニュー糖はいわゆる、砂糖の一種です。お菓子作りにもよく使われます。砂糖の中でもザラメ糖に分類され、ザラメ糖の中で最も結晶が細かい砂糖です。

グラニュー糖が含まれていることによって甘味を感じ、お子さまも苦にならずにアスミールを飲めます。グラニュー糖の栄養は炭水化物が主な成分で、ビタミンはビオチンの成分が最も高いと言われています。

ココアパウダー

アスミールは一見すると、ココアのような印象を受けます。それは、ココアパウダーが含まれているからです。ココアは多くのお子さまが好きな味であるため、お子さまがココア感覚でアスミールを飲めるように、ココアパウダーが着色料として含まれています。

ココアパウダーは、カカオ豆からとれるもので、洋菓子の原材料にもなります。カカオ豆には栄養が豊富に含まれていることは有名です。ココアパウダーにも、少量ではありますが、亜鉛や鉄分などの成分が含まれています。

ドロマイト

カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを効率的に摂取するために、アスミールにはドロマイトという栄養成分が含まれています。ドロマイトとは、海底にある珊瑚などの生物が石灰岩となったものです。

石灰岩が原材料として入っていてよいのか、と疑問に感じる方もいるでしょうが、いわば生物由来の鉱石なので石とは一線を画します。天然のミネラルの素材と言われており、カルシウムとマグネシウムが2:1という理想的なバランスで含まれているのです。

乳糖果糖オリゴ糖

アスミールに含まれている糖分は、グラニュー糖だけではありません。乳糖果糖オリゴ糖も含まれています。グラニュー糖ほど甘味を感じるものではありませんが、砂糖に近い甘味の成分をもった原材料です。

乳糖果糖オリゴ糖は、オリゴ糖の一種です。オリゴ糖は栄養が豊富に含まれているだけではなく、善玉菌を増やすのに役立ちます。そのため、乳糖果糖オリゴ糖が含まれているアスミールを摂取することによって、腸内環境を整えることにつながります。

植物性ミネラル(ごま由来)

アスミールには、様々なミネラルが含まれていますが、植物性ミネラルも原材料の1つです。その中でもごま由来の植物性ミネラルが含まれています。ごまは栄養が豊富に含まれていることで知られる食材です。

しかも、ごま由来の植物性ミネラルであることによって、ごまの栄養とミネラルがしっかり吸収できるのです。ごまにはお子さまの成長に必要な成分であるタンパク質や食物繊維が豊富に含まれています。

亜鉛含有酵母

アスミールには、酵母も原材料として含まれています。それが、亜鉛含有酵母です。亜鉛含有酵母とは、亜鉛が含まれている酵母のことです。酵母とは菌の一種で、ビタミンやたんぱく質、酵素などの栄養を持っています。

そして亜鉛は、ミネラルの一種です。亜鉛は、意識的に摂取しないと摂取不足になる栄養で、亜鉛がないと健康的な成長ができません。亜鉛の成分が含まれている酵母が使われていることによって、良いとこどりの栄養が摂取できます。

(参照:国立健康・栄養研究所「亜鉛」)

カゼインカルシウムペプチド

カゼインカルシウムペプチドとは、カルシウムとカゼインが結合した状態の成分のことをいいます。アスミールに含まれている原材料の1つです。カゼインカルシウムペプチドとしてカルシウムが存在することによって、その吸収率をアップします。

カルシウムはそもそも、吸収率の悪い栄養です。そのため、カルシウムが含まれている食材を意識的に摂取しないと、不足しがちになると言われています。カゼインカルシウムペプチドは吸収率がアップするので効果的な摂取ができます。

粉末状大豆たん白

必須アミノ酸は、お子さまが健康的に成長するために欠かせない栄養の成分です。必須アミノ酸を効果的に摂取できるように、アスミールでは粉末状大豆たん白が原材料として含まれています。

粉末状大豆たん白とは、大豆から抽出したたん白を粉末状にしているものです。これは、プロテインにも含まれていることが多い原材料で、からだづくりをする上で、効果的な原材料です。製品の質を維持するのにも使われます。

煮干しパウダー

煮干しパウダーとは、お魚の煮干しをパウダー状にしたものです。アスミールはパウダー状の商品なので、煮干しもそのままではなくパウダー状のものが原材料として含まれています。アスミールを一見しても、煮干しパウダー感はありません。

煮干しパウダーがアスミールに含まれているのに良いポイントは、煮干しの栄養をしっかり吸収できることです。煮干しにはカルシウムやビタミンD、カリウムなどの成分が豊富に含まれています。

コラーゲンペプチド

アスミールに含まれているコラーゲンといえば、コラーゲンペプチドです。コラーゲンペプチドとコラーゲンは何が違うのか分からない方もいるでしょうが、その成分や栄養はほぼ同じです。異なるのは、その分子の大きさです。

コラーゲンペプチドは、コラーゲンよりも分子が小さいです。そのため、吸収しやすいと言われています。したがって、コラーゲンペプチドが原材料として含まれているアスミールは、コラーゲンを効率よく摂取できます。

黒酢エキスパウダー

黒酢エキスパウダーは、黒酢のエキスがパウダー状になったものです。アスミールにも原材料として含まれています。黒酢エキスパウダーには、黒酢の栄養成分が余すことなく含まれています。

黒酢の栄養成分といえば、必須アミノ酸です。必須アミノ酸は、体内で生成されないアミノ酸なので、食物から摂取する必要があります。からだの成長には欠かせない栄養成分なので、お子さまの健康やからだづくりに大きな役割を果たします。

精製ナットウ菌培養物

アスミールには、精製ナットウ菌培養物も原材料として含まれています。精製ナットウ菌培養物は耳慣れない言葉でしょうが、「ナットウキナーゼ」は聞いたことがあるのではないでしょうか。ナトウキナーゼは精製ナットウ菌培養物です。

精製ナットウ菌培養物はナットウ菌を培養させたものなので、栄養成分が豊富に含まれているのは言うまでもありません。それだけではなく、精製ナットウ菌培養物には血液をサラサラにする役割があります。

メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダー

メロンプラセンタ(胎座)エキスパウダーとは、植物性プラセンタをパウダー状にしたものです。アスミールに原材料として含まれています。プラセンタは胎盤のことなので、胎盤のない植物に疑問を感じるところですが、胎座から抽出した成分を植物性プラセンタといいます。

胎座は、発芽を行う場所であるため、植物の部位の中でも最も栄養が集まっているところです。アスミールには、植物性プラセンタの中でも、メロンの胎座から抽出したエキスが含まれています。

DHA含有精製魚油粉末

お子さまの成長に必要な成分であるDHAは、DHA含有精製魚油粉末を原材料としてアスミールに含まれています。DHAは、ドコサヘキサエン酸のことで、体内では生成できない必須脂肪酸です。

DHAは主に、ブリやサンマ、イワシなどの魚に豊富に含まれている栄養で、意識的に摂取しないと不足しがちになります。DHAには、血中のコレステロールを下げる働きがあるほか、脳の活動を活発にする働きがあります。

未焼成カルシウム

アスミールには、未焼成カルシウムも原材料として含まれています。未焼成カルシウムは聞きなれない言葉ですが、ホタテの貝殻をパウダー状にしたものです。成分は炭酸カルシウムで、炭酸塩のことを指しています。

名前にもカルシウムが表示されている通り、カルシウムが豊富に含まれています。カルシウムは吸収率の悪い栄養成分の1つなので、未焼成カルシウムをはじめとする様々なカルシウムが含まれているのは嬉しいポイントです。

ビタミンC

ビタミンCは、お子さまの免疫力を高めるために必要な栄養成分です。風邪の予防にビタミンCを多く摂ると良いのは、そのためです。アスミールは、お子さまのからだを守るためにビタミンCが原材料として含まれています。

ビタミンCの効果は、それだけではありません。体内でコラーゲンを生成するのに働きかけるので、お子さまの骨や筋肉をつくるのに重要な役割を果たします。抗酸化作用も高いため、細胞の酸化も防ぎます。

(参照:国立健康・栄養研究所「ビタミンC」)

鉄分

鉄分は血液を生成するのに必要な成分です。ところが、鉄分を栄養として豊富に含まれているものは、ほうれん草など種類が限られています。さらに、鉄分は摂取したそのすべてを吸収できるわけではありません。

そこでアスミールには、ピロリン酸第二鉄が原材料として含まれています。ピロリン酸第二鉄は、吸収率の良い鉄分です。そのため、貧血気味のお子さまもアスミールを飲めば、貧血の改善が期待できます。鉄分はお子さまでも不足しがちになる栄養です。

ビタミンE

ビタミンEは、大人も摂取したい栄養の1つです。お子さまの成長を助けるアスミールにも原材料として含まれています。ビタミンEには高い抗酸化作用があるので、細胞が酸化するのを防ぎます。

そのため、老化防止として注目を浴びている成分でもあります。また、ビタミンEが不足しがちになると、神経障害を起こすと言われています。神経障害を起こすと、ケガをしているわけでもないのに痛みを感じるようになってしまうのです。

ナイアシン

お子さまの成長に重要な役割を果たす成分の1つとして、ナイアシンがあります。アスミールにも原材料として含まれています。ナイアシンはビタミンの一種で、ニコチン酸とニコチンアミドの総称です。

ナイアシンは、脂質を代謝することや、アミノ酸を代謝することに働きかける栄養です。そのため、ナイアシンが不足しがちになると、皮膚炎を引き起こすことがあります。ナイアシンを摂取すると血行が良くなると言われており、摂取した栄養をからだの隅まで運べます。

香料

アスミールには香料も原材料として含まれています。香料と聞くと、からだに良くないのでは、と心配する方もいるでしょうが、そんなことはありません。多くの食品にも含まれており、人体に危険を及ぼすような成分ではありません。

香料が使われる理由は、アスミールを美味しく飲むためです。いわゆるフレーバーの役割として、含まれています。特に栄養が含まれているということではありませんが、栄養たっぷりのアスミールを風味よくいただくためのものです。

パントテン酸Ca

パントテン酸Caは、副腎皮質ホルモンを合成したり、脂質や糖質、タンパク質を代謝したりするのに役立つ成分です。ビタミンB5とも呼ばれている栄養で、アスミールに原材料として含まれています。

パントテン酸Caはエネルギーを生み出すのに先頭に立って役割を果たす成分であり、コエンザイムAを構成している成分です。多くの食品に含まれている栄養なので、不足しがちになることはありませんが、お子さまのからだづくりにおいて大切な栄養の1つです。

ビタミンB6

アスミールに原材料として含まれている成分であるビタミンB6は、水溶性ビタミンでありながら、酵素の補酵素としての働きがあります。中でもアミノ酸を代謝するのに大きく役立っていることから、たんぱく質をつくるのに深く関係があります。

お子さまの成長において、たんぱく質をしっかりとつくるのには、大切なことです。なぜなら、たんぱく質は髪の毛や皮膚、歯などからだの様々な部分を形成している栄養だからです。したがって、そのたんぱく質生成に関わるビタミンB6は、健康的なからだづくりには欠かせません。

ビタミンB2

ビタミンB2は、リボフラビンとも呼ばれるビタミンです。脂肪をエネルギーに還元する際に必要となる栄養の1つです。そのため、この成分が不足すると、脂肪をエネルギーに変換できませんし、からだを正常に育成させることができません。

したがって、ビタミンB2はお子さまの成長を促すのに欠かせない栄養であると言えます。アスミールにはこのビタミンB2が原材料として含まれています。ビタミンB2をしっかり摂取することで、お子さまのからだが正常な発育を行えるのです。

ビタミンB1

アスミールには、ビタミンB1も原材料として含まれています。ビタミンB1は、糖分からエネルギーを摂取する際に必要となる栄養成分です。糖質の多い食品や脂質の多い食品ばかりを食べていると不足しがちになります。

ビタミンB1は、糖分を分解するのに役立つほか、中枢神経や末梢神経を正常に維持するのに大きな役割を果たします。そのため、直接目に見える部分で成長に役立つわけではありませんが、健康を維持するのに重要な栄養です。

ビタミンA

ビタミンAは、レチノールとも呼ばれている成分です。ビタミンの中でも、動物性の食品に多く含まれている脂質性のビタミンです。しかし、動物性の食品からしか摂取できないわけではありません。

植物性食品に含まれているカロテンをしっかり摂取できれば、からだの中でビタミンAへと生成されます。臓器の成長を助ける役割のある栄養なので、アスミールにも原材料として含まれています。目の健康を保つのにも有効な栄養成分です。

(参照:国立健康・栄養研究所「ビタミンA」)

葉酸

葉酸は、元々ほうれん草に含まれていたものを単離した栄養です。そのため、ビタミンでありながら、「葉酸」という名前がついています。アスミールには、この葉酸も原材料として含まれており、お子さまの成長に大事な役割を果たしています。

葉酸の主な役割と言えば、血液を作り出すのに深く関わりがあることです。また、免疫力を高める成分であることも認められています。そのため、病気に負けないからだづくりをするために必要な栄養の1つです。

L-アルギニン

L-アルギニンは、アミノ酸の一種です。アミノ酸の中でも、最も塩基性が高い成分とされており、大人になるとからだの中で一定量の生成がなされますが、お子さまのうちはそうではないので、必須アミノ酸に指定されています。

アスミールには、このL-アルギニンが原材料として含まれています。L-アルギニンには、成長ホルモンが分泌するのを促すほか、からだの免疫力をあげる効果、脂肪を燃焼させる効果があるので、お子さまの成長に欠かせない栄養です。

ビタミンD

たくさんのビタミン類を原材料として含んでいるアスミールですが、ビタミンDもしっかりと含まれています。ビタミンDは、脂溶性のビタミンで、日光に当たることで皮膚上に生成される栄養成分です。

ビタミンDがしっかりとからだの中にないと、骨が弱くなったりカルシウムやリンの吸収が悪くなったりします。したがって、お子さまのからだを強く育てるためにも、ビタミンDを積極的に摂取することは大切です。

ビタミンB12

ビタミンB12は、食事の中で欠乏することはあまりない栄養成分です。しかし、赤血球を生成したり、神経の機能を正常に保ったりするためには欠かせません。そのため、アスミールに原材料として含まれています。

お子さまのうちに貧血になる場合はあまり多くありませんが、それでも貧血は誰にでも起こりうる症状です。ビタミンB12には悪性貧血を防ぐ効果もあると言われています。健康な血液を生成するためにも、ビタミンB12の摂取は必要です。

アスミールは栄養機能食品(カルシウム、ビタミンD、鉄)

黒板の前に立つ先生

アスミールは、お子さまの成長を助けるために開発された商品です。前述したように、お子さまのからだをつくるために必要な栄養成分が豊富に含まれていますし、原材料もからだにとって良いものばかりです。

また、アスミールの良いところは、お子さまが毎日飲みやすいように工夫がなされているところです。アスミールにはグラニュー糖やココアパウダーが含まれています。このことによって、お子さまもココアのような感覚で飲めるのです。

おやつ感覚で飲めるアスミールですが、その栄養成分はお子さまの成長を助けるものであることが証明されています。なぜなら、アスミールは栄養機能食品であるからです。つまり一定の基準を満たしたからだに良い健康食品なのです。

栄養機能食品とは?

アスミールは栄養機能食品として認められています。栄養機能食品とは、ある栄養成分を補うために使われる食品のことです。そのため、アスミールに含まれている栄養成分や原材料は、その機能を表示しなければなりません。

栄養の機能を表示する際には、規格基準で定められている成分や機能を表示してはいけません。表示できる栄養成分も、規格基準で定められているものに限られています。また、規格基準で定められている様式で表示しなければなりません。

さらに、1日の摂取目安量を必ず表示しなければなりません。規格基準で定められた量以上の摂取の表示は厳禁です。そして、特定保健用食品であるかのような表示はしてはいけません。栄養機能食品は、あくまでも栄養機能としての基準をクリアした食品です。

特定保健用康食品(トクホ)とは違う?

栄養機能食品と聞くと、特定保健用食品を思い出す方もいるのではないでしょうか。しかし、アスミールは栄養機能食品であって、特定保健用食品ではありません。そのため、特定保健用食品として販売すると、違反となります。

特定保健用食品とは、「トクホ」と呼ばれている食品のことで、原材料に保健機能成分を含んでいるものを指します。保健機能成分を含んでいるだけではなく、それが生理学的機能などに役割を果たすほか、消費者庁長官の許可をえることが必要です。

特定保健用食品には、必ず特定保健用食品である旨のマークが表示されています。通称、トクホマークとも呼ばれているものです。また、保健機能も具体的に表示することが許可されているので、「〇〇の成長を助ける」などの表示もできます。

栄養機能食品の後ろにカルシウム、ビタミンD、鉄と記載されている理由は?

栄養機能食品であるアスミールのパッケージには、栄養機能食品と書かれた後ろに()でカルシウム、ビタミンD、鉄と記載されています。これは、アスミールの栄養機能を表示するものであるからです。

アスミールに含まれている原材料は、この3つに限られません。栄養機能食品として表示できる基準をクリアしているのが、この3つの栄養成分であるということです。表示する栄養成分によって、記載できる栄養機能表示が決まっています。

アスミールに成長期に必要な原材料や栄養成分は入っているのか?

虫眼鏡を覗く女の子

アスミールには、お子さまの成長期に必要な原材料・栄養成分が含まれています。その代表格として、3つの栄養成分があります。

1つ目は、亜鉛です。亜鉛は、たんぱく質の合成を助けます。ジャンクフードやスナック菓子によって外に排出されやすい栄養分です。

2つ目は、アルギニンです。アルギニンは、子供のうちは必須アミノ酸に指定されるアミノ酸です。成長ホルモンの分泌を助ける働きがあるので、健康目的だけではなくスポーツをしているお子さまにも大切な栄養成分です。

3つ目は、プラセンタです。アスミールでは、メロンプラセンタが原材料として含まれています。メロンプラセンタは、動物プラセンタとは違って、残留ホルモンの心配がないので、安全に摂取できるプラセンタです。

原材料や栄養成分に危険性はない?添加物はないのか?

白い粉末

アスミールをお子さまに摂取させるとなると、気になるのはその栄養成分だけではありません。アスミールに含まれている原材料の中には、危険性はないのか、添加物が含まれているのかが心配になるところです。

アスミールには、添加物が含まれています。お子さまの成長を助けることを謳いながら、添加物が含まれているところに疑問を感じる方もいるかもしれませんが、添加物=危険物ではありません。

添加物といっても、配合できるのは国によって定められているものに限られています。しかも、添加物の中でも天然由来の成分のものの方が安全なわけではありません。重要なのは、安全な量配合されていることで、アスミールはその基準をクリアしています。

合成保存料、合成着色料、合成甘味料なし!

アスミールの原材料に添加物が含まれているといっても、多くの添加物が含まれているわけではありません。添加物の中でも、安全な原材料や栄養成分を安全な分量だけ配合されています。そのため、お子さまのからだへの危険性はほぼないといってよいです。

そして、添加物が含まれているといっても、合成物は含まれていません。合成物とは、合成保存料や合成着色料、合成甘味料のことです。アスミールに含まれている添加物の中で主なものといえば、香料です。

しかし、アスミールに含まれている香料は、風味を良くする程度です。様々な食品にも含まれていることが多いものなので、安全と言えます。また、ココアパウダーも含まれており、ココアの風味をより活かすための香料なので、危険性は低いです。

合成保存料とは?

合成保存料とは、食品が長持ちするように含まれる保存料です。主に、カビや細菌の繁殖を抑えることができます。殺菌剤よりは弱い力となりますが、立派な化学物質です。ソルビン酸などがその例です。

合成保存料が含まれているからといって、直ちに人体に影響を与えるわけではありません。しかし、保存の効果が高い分、毎日飲み続けるものに配合するのは芳しくなく、栄養成分でもないので、アスミールには原材料として含まれていません。

合成着色料とは?

合成着色料は、原材料としてアスミールに含まれていません。栄養成分ではなく、縫製保存料と同じで化学物質のひとつです。合成着色料は、人工着色料とも呼ばれており、化学的に開発された着色料です。

化学物質だからといって、合成着色料が悪いわけではありません。食欲をそそるためには見た目も大事ですし、合成着色料といっても食用なので何かの影響があるわけではありません。食用タール色素などがその例です。

合成甘味料とは?

添加物のひとつとしてあげられるのが、合成甘味料です。合成甘味料は人工甘味料とも呼ばれており、食品に甘味をつけるために用いられる化学物質です。合成甘味料は天然由来成分ではないので、栄養成分はほぼありません。

アスミールには、この合成甘味料は原材料として含まれていません。もちろん、合成甘味料自体が危険なものではありませんが、お子さまが毎日飲むものと考えると、合成甘味料は避けた方が無難です。

使う原材料はすべて国内製造原料だから安心!

アスミールに含まれている原材料は、すべて国内で製造されたものに限られています。原材料の栄養成分の量に違いはほぼありませんが、国内で製造されたものの方が、何が含まれているのか明確ですし、消費者側も安心できます。

実は、安全=消費者にとって安心ではありません。例えば添加物のように、安全であっても安心して摂取できないというものは、たくさんあります。アスミールはお子さまでも安心して飲めるように、国内製造に限っているのが特徴です。

危険性があったり副作用があったりする商品は国が許可を出さない!

「添加物が入っているから、アスミールも危険性や副作用があるのではないか」と思う方もいるのではないでしょうか。しかし、危険性があったり副作用があったりする商品は、基本的に国の許可が下りません。

もし、アスミールに健康を害すような原材料や栄養成分が含まれているのなら、日本での販売は実現できていません。アスミールは国の許可を得て販売されている商品なので、安心してお子さまに摂取を奨めてOKです。

アスミールは管理栄養士も推奨!

進める医師

アスミールは、管理栄養士も推奨する栄養機能食品です。管理栄養士とは、食事の栄養成分などのスペシャリストで、個人や集団に食事のとり方や栄養バランスなどの指導を行う人です。管理栄養士の資格は国家資格です。

管理栄養士は、食事のとり方や栄養バランスの指導だけではなく、大規模な施設での管理業務や労務管理まで行えます。そんな管理栄養士におすすめされるのが、アスミールなのです。それは、お子さまの成長に必要な栄養成分がしっかりと含まれているからです。

人のからだは、成長期にしか成長しません。そのため、成長期にいかに必要な栄養成分や原材料が摂取できたのかが、からだづくりや病気に強いからだの基礎となります。アスミールは、たくさんの食材を準備するのが大変なお母さんの味方です。

まとめ

メモをしている

アスミールに含まれている原材料はどれも、お子さまの成長に必要な栄養成分を含んだものばかりです。特に、カルシウムが豊富に含まれているのは、非常に魅力的なポイントです。なぜなら、カルシウムは吸収率の悪い栄養成分だからです。

また、アスミールを1日に1杯飲むだけで、1日に必要なビタミンやミネラルの摂取量をクリアできるのが、嬉しいポイントです。お子さまの成長に必要な栄養成分を摂取させるとなると、お母さんの食事の準備が大変でしょう。

さらに、アスミールはココア味なので、好き嫌いの多いお子様でも毎日飲める味わいになっています。甘みを感じられるので、おやつ感覚で毎日飲みやすいです。強いからだをつくるには、成長期に必要な栄養成分を摂取することが大切です。